愛知県みよし市の「くまさんこどもクリニック」では、お一人お一人の心と体を診る、皆様の”かかりつけ医”として、心のこもった医療を目指します。わかりやすい説明と丁寧な治療を目指し、地域医療に貢献したいと考えています。

0561-33-3555

0561-33-3556

お知らせ

予防接種(インフルエンザ・コロナ以外)を予約する
一般診療を予約する(WEB)
WEB問診票

子ども(5歳から11歳)にコロナワクチンをさせた方がよいのか?

2022/03/08重要

子ども(5歳から11歳)にコロナワクチンをさせた方がよいのか?


小児の新型コロナワクチンについては、まだわかっていないことも多いため、はっきりと、「やった方がよい」、「やらない方がよい」 と言うことができません。

しかし、今ある情報で、どうしたらよいか?私なりの意見を述べていきます。

  

健康小児には、接種せずに様子をみた方がよいと思っています。個人的には長期的な副作用や、死ぬかもしれないような重篤な副作用はそれほど心配しなくてよいのではないかと思っているのですが、うつメリットが少ないように思うからです。現在までの新型コロナウイルスは、健康小児では、かかっても重症化しにくいですし、効果も(大人のワクチンに比べ)長持ちしないとのデーターもあります。もっとよいワクチンが出てくるかもしれません。海外の情報や、日本での先にうった子どもの情報を見て、うつかどうか決めればいいと思います。焦らなくていいと思います。

 では、どのような子どもはうった方がいいのかというと、基礎疾患(軽い喘息はこれに該当しません)を持った子や、万一かかると隔離など対応に苦渋する子達です。

 

最後に「周りの人にうつさないために」ということを考えている方には、少なくともしっかり調べて、効果や副反応などを理解してうってほしいと思います。


日本小児科学会の意見を載せます。

http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=404


基礎疾患ってどんな病気なの?

http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=409

 

0561-33-3555

0561-33-3556